ジョギングする女性

増える原因

ldlコレステロールは様々な要因によって体内で増加します。最も可能性として高いのは肉類の食べ過ぎです。お肉を食べるのは良質なタンパク質確保に調度良いのですが、牛肉や脂身の部分ばかりだったり魚をまったくたべなかったりすると話は別です。脂っぽいものと炭水化物ばかりに偏った食事をしていれば、勝手にldlコレステロールは増加してしまいます。塩分過多の食事を取っていても同様に血液がドロドロになってしまいますから、ldlコレステロールの影響を受けやすくなってしまいます。
また、人間の代謝は年齢によって勝手に落ちていきますが、それによってもldlコレステロールは増加するといわれています。つまりは、今と同じ生活をしていたとしても体の衰えによってldlコレステロールは処理しきれなくなり、勝手に値が上がってきてしまう可能性もあるのです。何歳になっても健康的でいたい場合には、しっかりとldlコレステロールのことを考えて運動をし、コレステロールを挙げないような食べ物を中心として食事を組む必要があります。
日常的に食べる食品でコレステロールを大量に含んでいるのはえび、卵黄、子持ちししゃも、するめいか、トリモモ、バター、マヨネーズなどになります。居酒屋などでよく目にする食品が並んでいるのがわかります。
男性はお酒と共に上記の食品を摂り過ぎる、または数日以内に大量に摂取している可能性が高く、ldlコレステロールが増加しやすくなっています。
女性の場合は会社の付き合いでお酒を飲み、お腹いっぱいまでご飯を食べるということはあまりないかと思われますが、女性の場合はお菓子から卵をたくさんとっていることが多いです。卵は人間にとって必要な栄養素ではありますが、何気なく食べているお菓子の中にはとんでもない量の卵が入っていることもあります。
それによってldlコレステロールの増加を助長している可能性もありますから、大変なことになるまえに1度自分の食生活を見直して下さい。