ジョギングする女性

悪玉コレステロール

コレステロールには3つの種類がありますが、注意が必要なのがldlコレステロールです。これは悪玉コレステロールといわれているものであり、非常に厄介な動きをする成分です。ldlコレステロールのLDLは肝臓で作られたコレステロールを運ぶ役割を持っており、タンパク質の1つです。これは細胞内へコレステロールを運び、しっかりと臓器を回すために働いてくれているのですが、もし細胞がコレステロールを吸収しなかった場合には、なんと血管内に運んできたコレステロールを放置して帰ってしまうという特徴を持っているのです。
コレステロールが血管内に放置されれば、当然そこは詰まって狭くなります。これは動脈硬化症と言われる症状であり、最近では若い人の中にもこの症状にかかっている人が多くなっています。
動脈硬化症になりたくないのなら、ldlコレステロールの過剰摂取を控える必要があります。
体内にある大量のldlコレステロールを片付けるにはどうすれば良いのかというと、なんと解決方法は非常に簡単です。コレステロールの塊ともいえる肉中心の生活を改め、野菜と魚を中心とした食生活をすることです。特にマグロやイワシのような青系の魚にはldlコレステロールを低下させてくれる効果が高くオススメです。
野菜もサラダなどで出来る限り加工なしでそのままを食べるようにすれば、食物繊維も一緒に摂れる上にビタミンやミネラルも豊富で非常に健康的です。
今太り気味で悩んでいる人は特にldlコレステロールなどの問題も気になりますから、野菜や魚を中心とした食生活に変更すればコレステロールを下げるだけでなくダイエット効果も期待できます。
体調が改善すればこれまで慢性的に感じていただるさや体の不調なども改善していくことが多いですから、食事の見直しは重要なのです。